中古物件でマンション経営してみたら?

中古物件を購入してマンション経営をするメリットは色々ありますが、デメリットも小さくはないと言えるでしょう。

中古物件でマンション経営してみたら?

中古物件でのマンション経営のメリットとデメリット

マンション経営をするためには物件を購入する事が必用となってきます。この時には新築するという事も考えられますが、中古物件も魅力的なものであると言えるでしょう。中古物件のメリットとして考えられることは、やはり価格が安いという事でしょう。新築の物件を入手するためには、多くの資金を必要と刷るでしょう。土地を取得するコストや建築コストなどを考えると、収益に見合わないくらいのコストがかかってしまう事も考えられるでしょう。新築物件というのはこのようなデメリットがあるのです。中古物件では価格が安いというメリットがありますから、利回りはかなり高くなると考えられるのです。このため、敢えて中古物件を購入しようと考える人も多いのです。また、中古物件を購入した後にリフォームし、転売をして利益を出すという事も考えられます。
中古物件を購入するためには自己資金がある程度は必要になってくると考えられるでしょう。というのも、中古物件というのは評価が低い場合も多いのです。物件によっては、融資してもらえないという事もあるのです。収益性の低い物件であれば、銀行の審査に通らないという事もありえるのです。融資を引き出すことができたとしても、一般的には物件価格の7割くらいと言うのが限界でしょう。ですから、3割くらいの自己資金は最低でも必要となってくるのです。諸費用も必要となってきますから、実際にはもっと多くの資金が必要となるでしょう。ですから、中古物件を購入するときには、ある程度の自己資金が必要となると考えておかなえければなりません。中古物件を購入するときには色々なリスクもあります。中古物件というのは、やはり建物が劣化している可能性がありますから、修繕をするために費用がかかるという事も考えられるでしょう。また、建物の劣化によって、物件としての魅力が低減して、空室が生じているという事も考えられるでしょう。中古物件にはこのようなデメリットもあるのです。